2014年12月30日火曜日

富士山本宮浅間大社と棕櫚との関係と富士氏の家紋

富士氏の家紋、特に富士大宮司家の家紋は「棕櫚」である。『長倉追罰記』に

…同六郷モ是ヲ打、シユロノ丸ハ富士ノ大宮司、キホタンハ杉カモン…

とあることから、富士大宮司の家紋であることは史料からも裏付けがなされている。近世の資料(幕府裁許状)にも「棕櫚葉之紋」とある。

棕櫚であることの意味として、例えば『姓氏・地名・家紋総合事典』(新人物往来社)では「神霊の宿る葉として昔から尊ばれた」と説明している。この家紋を考える上でよく言われるのは「羽団扇との関係」である。先の辞典では続いてこうとも言う。

あやまって天狗の羽うちわといわれたりもしたものは、やはり霊異の作用からである。駿河の浅間社では神紋としている。

他「天狗の研究」では以下のように記している。

天狗の勢威の強い社寺が用いる幕紋の羽団扇は天狗の持物にちなんだ紋かと思われるが、羽団扇紋は現来、富士浅間神社の宮司富士氏の家紋で、『太平記』にも、旗印の紋づくしの中に、「白旗、中黒、棕櫚の葉、梶の葉の紋書きたる旗ども、その数満々たり」とある

としている。史料から考えると、富士大宮司の家紋は「棕櫚」または「棕櫚の丸」であり、そこには団扇の要素はないと思われる。もしそうであれば、史料上にて「棕櫚団扇」といった文言などがあってもおかしくはない。

『太平記』の記述は、富士大宮司を指している可能性がある(が、太平記自体は記述の信憑性が薄い部分がある)。この記述は『太平記』巻31の「笛吹峠戦事」の条にある。現代語訳を下に記す。

同月28日、尊氏は笛吹峠へ押し寄せ、敵陣の様子をご覧になったところ、小松が生い茂り、前には小川が流れている山の南側に陣を構えて、峰には南朝の印である錦の御旗を掲げ、麓には白旗、中黒、棕櫚の葉、梶の葉の紋を描いた旗が満ちていた。

内容からして明らかに南北朝時代である。まず富士氏についてであるが、既に南北朝時代には武家として戦を重ねていたということは知られている。それは最近の研究で更に色濃くなっている。そして「棕櫚の葉」「梶の葉」と続くことも重要である。というのは、梶の葉は諏訪氏の家紋であり、同じ社家である。この記述が実際見たものでないと仮定しても、やはりこの連続性には意味があると思う。

また曼荼羅図や境内図に棕櫚が描かれることが多い点も重要である。

「富士浅間曼荼羅図」より
「浅間大社境内絵図」より

浅間大社境内を指す絵図類にて、棕櫚が描かれていることが多い。当時実際植えられていた可能性もあるし、少なくともこれは明確な意図があるのである。

  • 参考文献
  1. 丹羽基二,『姓氏・地名・家紋総合事典』,新人物往来社,1988
  2. 知切光歳,『天狗の研究』P184-185,大陸書房,1975

2014年12月24日水曜日

戦国期に見える富士又八郎と富士氏の権力構造

戦国期の古文書に、富士氏一族の名として「富士又八郎」が出てくる。この人物の詳細はほとんど分かっていないが、富士氏の権力構造を考える上で示唆してくれる部分がある。今回は富士又八郎について考えてみたい。


富士又八郎は富士大宮司ではない。同じ時代の富士大宮司は富士信忠であるためである。この文書については、「戦国大名今川氏の内徳安堵について--百姓への安堵状の分析から」にて以下のように説明されている。

この規定は、百姓がその内徳分の給恩化を地頭に届け出た上で地頭が了承した場合には給恩化を認めるが、地頭が了承しない場合には、今後(天文22年以降)、今川氏が百姓内徳の給恩化を認める判形を発給していても、その判形は認めないというのである。(中略)ところで、史料8(:上の文書のこと)の地頭富士氏に対する規定が地頭一般に対する規定でないことは、今川氏の分国法である「今川仮名目録」「かな目録追加」の規定や他の地頭への発給文書の規定にみられないことから推測できる。しかも史料8以降も内徳の給恩化を認めるという規定であり、今川氏による百姓内徳給恩化を全く否定した規定ではない。史料8は富士氏の「難渋」を背景として今川氏が地頭富士氏との関係、親疎を考慮して規定した富士氏優遇のための個別具体的法規定であると理解すべきであろう。

ここでいう地頭とは富士氏を指している(最も、このときの富士氏は地頭というよりは国人と言った方が正しい)。この論考をまとめると以下のようになる。年貢を徴収する領主、つまり富士氏の知行権を保障しつつ、徴収される側の「内徳」を保障している。領主の権限と、一方で年貢を納めた者に対する留意の意味がある。が、この文書の場合はその「内徳分の保障」の有無は領主が決めることができるという意図を持つ。年貢負担はそのままなのに、「内徳分の恩恵」が得られないというのは、百姓側からすれば望ましいことではない(内徳分を保持しているという状況は領主に知られていない方がやり易い)。が、内徳分の給恩化の増大は富士氏から見れば望ましいことではない。その微妙な心理的やりとり上の行き違いにおける裁許状の意味がある。内徳分の保障の有無を富士氏に委ねているという点で、富士氏への優遇策であるとしている。「内徳」については「加地子」(領主に納入される米)と理解するか「隠田・新田」(検地で明らかとなった増分、新たな開発地など)と理解するかで意見が分かれているようである。

が、この文書の宛が富士又八郎であることには注意が必要である。広く言えば富士氏の領地における規定なので、宛が富士大宮司であってもおかしくはない。これは、土地の管理関連自体は富士家でも富士大宮司ではない人物が行っていたという可能性を示唆している。

これに似た事例は、実は別の文書でも見出すことができる。


先の文書から遡ること7年前の文書であるが、富士九郎次郎が富士上方の社寺の諸役免除を認める内容である。諸役は免除しているが、一部は徴収するともしている。つまり領主として税を徴収しているのであるが、やはりこの人物は富士大宮司ではない。諸役徴収や土地の管理が、富士大宮司が介入する範囲でなかった可能性がある。

この富士又八郎であるが、戦に交わっている記録も残る。


これは「飯田口合戦」と呼ばれるものであり、その戦においての富士又八郎の戦功を評する内容である。同日付の文書として、小笠原与左衛門宛ての同じく戦功を表する内容の感状が残る。

先の文書の時代(天文22年)は今川義元存命時であったが、桶狭間の戦いにて義元が織田信長に敗れ、次代の氏真が当主となっている。この時は今川家から離反者が相次いでいた時期であるが、明らかに富士氏は今川氏の元に身を置いていることが分かる。その後も、氏真に離脱を促されるまで一貫して今川氏側の戦力として戦っていたことで、富士氏は有名である。

  • 参考文献
  1. 臼井進,「戦国大名今川氏の内徳安堵について--百姓への安堵状の分析から」,『日本歴史』 1994-03,吉川弘文館